【レポート】アウトドアスクール(1月13日)

懐かしの山に来たら、滑らないわけにいかないでしょ。

アウトドアスキルにも挑戦です。

ファイヤースチールを使った火熾しです。

火を扱う経験を通して、火をコントロールする技術も身に付けて欲しいと思います。

「木のロウソク作りたい」

(うまくいくかな?)

とも思いましたが、木のロウソク出来ました。

火を見る経験、火を操る体験、現代においては大人にとっても必要ですね。

自然の中で遊ぶ。外でごはんを食べる。時間を気にせずゆったり過ごす。

これからの時代はこうしたことがとても重要なことのような気がします。

「ほりさん、絵本ある?」

「あるよ。読んであげようか?」

「自分で読むからいいよ。」

ハンモックに揺られながら食後の読書の時間です。

ハンモックは遊具ではなく、寝具です。

遊ぶためのアクティビティではなく、風を感じ、自然を楽しむ、ゆとりある時間を過ごすためのアイテムです。

現代の大人にこそお勧めします。

 

小学生を対象にしたアウトドアスクールは遊び(体験)を基本としながら、火や刃物を扱う体験、自然を感じる体験を大事にしていきたいと思います。

自然を楽しむ心と困難に負けないタフな精神、災害時にも活きるアウトドアスキルを身に付け、自由に羽ばたいていく子どもに育って欲しいと願います。

学童期の心理と発達を理解し、豊富な活動経験が小学生の育ちをサポートします。

お気軽にご相談ください。

次回は2月23日(日)です。

アウトドアスクール【藤野】2/23

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

関連記事

LINEで送る